« 梅雨入りの憂い | トップページ | 台風接近! »

2012/06/17

一粒そら豆

最近、実家の母が携帯メールを使い始めたことは書いたっけ・・・?

もちろん『スマホ』じゃありません。『らくらくホン』です。。。。

まぁ、便利だこと。

ただし、まだ覚えらないのがあります。

それが『題名』と『本文』の使い分けxxx

題名のところにつらつらと用事を入力しちゃってそのまま送信。

おまけに漢字変換できないから全部ひらがな。

届いたメールは

題名が「げんき?そろそろそら」。本文なし。

何が言いたいのでしょう?季節的に「そら豆」なのかな?

結局電話です。

言いたかったのは、

「そら豆」の初物ができたから取りにおいで。

とのこと。

嬉しい知らせでございました。初物で“ひとさやに一粒”しか実が入っていない“一人っ子そら豆”です。売りにはだせないものを頂きました。

0610

もいだばかりの輝くばかりの緑色。
さっそく家に帰り、皮剥き。

06102

普通お店で売っているそら豆は皮を剥くと“ツメ”の部分が普通は黒いものですが、まだ完熟しきっていない若い新鮮なそら豆はこんな風にツメも若草色。

柔らかいので茹でるのもさっと。

06103

茹でたてアツアツをキッチンでつまんでいると手が止まらなくなる。

旬の短い梅雨時の貴重な一品となりました。

実家の母からのメールはいつも想像力をかきたてる謎掛けメール。

これからも美味しい楽しいメールばかりであることを祈るばかりです。

« 梅雨入りの憂い | トップページ | 台風接近! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/54943470

この記事へのトラックバック一覧です: 一粒そら豆:

« 梅雨入りの憂い | トップページ | 台風接近! »

TUBUYAKI

最近のトラックバック