« アスパラにリボンをかけて。 | トップページ | 非常事態 »

2012/05/16

男鹿の旅~「GAO」~

秋田へは二度目の旅です。

今回は「GW真っ最中」&私達の「年齢」を考慮し、男鹿半島だけに標準を定めたのんびり旅にしました。

おまけに言うと、ずっと雨続きで景観のいい場所もほとんど霞の中ということでスルー。

まずは第一の目的地「男鹿水族館 GAO」へ。

フェリーだと時間が有効に使えますね。
朝ごはんを済ませてもまだ朝8時。

男鹿への道中「直売所」や「道の駅」で“秋田ならでは”を物色しつつ、朝ごはんを食べたにもかかわらず、美味しそうな「ハタハタ丼」と「カキ丼」を食し、開館前の10時前に「GAO」へ到着。

ところが・・・さすがGW。すでに一番近い駐車場は満車状態。
急勾配のヘアピンカーブをいくつか曲がったところにある第二駐車場は水族館をはるか下に見下ろせる素晴らしい見晴らし。
晴れていたらここも絶景だったろうに・・・。

「GAO」の入場ゲートも混雑してましたが、割りとスムーズに入場券も購入できいよいよ館内へ。

まずは「男鹿の大水槽」

P1170322

どこの水族館に行ってもそうなのだけど・・・。

P1170328

通路を抜けていきなり現れる「大水槽」を前にすると
一瞬だけど息が止まる。

人のざわめきも時間も止まって、動いているのは青い海の中を泳ぐ魚たち。
聞こえるのは聞こえるはずのない気泡が水面へ上がっていく音。

そんな錯覚にとらわれる。
それがまた心地よくって。。。

できることならばこの大水槽の前で寝袋に入って眠りたい。そう思うのです。

このGAOの一番の人気者は「ホッキョククマ」のペア。

先月初交尾が確認され、現在は可哀相に別居中だとか。今までずっと一緒だったのが離されて可哀想。

オスの豪太クンはさすがに大きくて大迫力です。
水槽に飛び込むと、すさまじい水しぶき。
餌やりタイムでの不器用さ。そのしぐさひとつひとつがなんとも愛らしい。

P1170412

水族館にいるからこそ食べ物にも困らないのでしょうが、野性のホッキョククマは温暖化の影響をまともに受け、絶滅の危機に瀕しています。

P1170431

佐渡では放鳥トキに赤ちゃんが生まれ期待が高まっています。がそれで絶滅したトキが蘇る訳ではありません。

でもまだ北極クマは間に合うはず。

また自分に何ができるのか、小さくてもできることは何なのか、、、
考えてみる機会ができました。

P1170471

« アスパラにリボンをかけて。 | トップページ | 非常事態 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/54716350

この記事へのトラックバック一覧です: 男鹿の旅~「GAO」~:

« アスパラにリボンをかけて。 | トップページ | 非常事態 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック