« ミニ丸赤大根、小白かぶの収穫 | トップページ | かぼちゃクリーム入りかぼちゃぱん »

2010/11/16

畑の落花生で「ピーナッツディップ」

1031

3回に分けて収穫した落花生。

とうとう最後の株も収穫して今年も終了となりました。

落花生は「炒る」場合は土から引き抜いたらそのまま一週間ほど乾燥させるそうですが、「塩茹で」する場合は、その日のうちに茹であげます。

Photo
保存する場合は茹でてから「冷凍保存」。
生のままだと傷みが早いのだそうです。

我が家の場合、保存するほどの量でもなく、一気に食べてしまいました。

去年は茹で時間が少し短すぎたので今年はじっくり50分かけて茹であげました。
やっぱり「茹で落花生」は美味かったです。

そんな「生落花生」。

最後の最後の収穫分。
「ピーナッツディップ」をつくってみましたnote

殻から取り出したピーナッツは薄皮のついたままフライパンで炒ります。
香ばしい香り。

Photo_2

ミルサーである程度細かく砕いてから擂り粉木でゴリゴリ。

そこに三温糖、常温に置いておいたバターを加えてよく混ぜるだけの超シンプル。

2これ、最初は「ピーナッツバター」にするつもりだったんだけど・・・

粗く粒々のもいいかと思ってドロドロになる前に三温糖、バターを加えちゃったのね。。。

食パンに塗って一緒にトーストすると一段と香ばしい香りが広がって、パンケーキにもよさそうです。

4

後で思ったのは、ドロドロにする前に粗く砕いたのを半分とっておいて最後に加えれば粗ピーナッツバターになるのかな。。。それも来年に持ち越しです。

来年は「ピーナッツ豆腐」もつくってみたいな。

○落花生の効能

落花生の脂質はオレイン酸、リノール酸が多く、コレステロールを減らす働きがあるんだそうだ。葉酸、食物繊維も豊富なので、妊婦さん、便秘症の人にもいいようです。

リン脂質に含まれる「レシチン」を摂取すると「脳が活性化」するというのは魅力的。
「あれ」「それ」「これ」の会話が多い私と相方にはもってこいだ。

ここのところ忙しくてアルコールも飲めない相方だけど、その分週末には満タンに補充してる様子。肝臓の負担を軽くしてくれる成分「ナイアシン」も豊富だそうだ。

なるほど、亀田製菓 柿の種「柿ピー」なんて利にかなってるわけですよ。

ただし、カロリーも高いからそこのところは気をつけたいところです。

○世界糖尿病予防デー

20101116174718

日曜日、ビックスワンも青く輝いていたけれど、今日は萬代橋も青く揺らめいていました。

糖尿病予防だって。

落花生はいかがでしょう・・・・。

« ミニ丸赤大根、小白かぶの収穫 | トップページ | かぼちゃクリーム入りかぼちゃぱん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/50045929

この記事へのトラックバック一覧です: 畑の落花生で「ピーナッツディップ」:

« ミニ丸赤大根、小白かぶの収穫 | トップページ | かぼちゃクリーム入りかぼちゃぱん »

TUBUYAKI

最近のトラックバック