« ショコラ・バナーヌ | トップページ | 麦麦ベイク~秋山郷の旅~ »

2010/10/22

十五夜のお月見ずんだ白玉

1022

今日の満月はちょっと妖しげな月明かり。

夜だと言うのに雲や空が明るく光っている。

やっぱり満月の夜には何かが起こりそう。

そんな満月を窓から眺めながら

お月見白玉団子。

餡にはちょうど冷蔵庫に茹でた枝豆「さかな豆」が残ってるから「ずんだ餡」に。

白玉は水の替わりに牛乳で「ミルク白玉」にしてみました。

1022_2

ひとつかみの枝豆をサヤからだして薄皮も取り、すり鉢でかるく潰し、お砂糖と少量の牛乳ですり潰します。私は粗めが好き。

白玉粉にも少量のお砂糖と牛乳で耳たぶくらいの固さにこね、小さく丸めて茹で上げます。

最近相方が残業続き。帰りを待つ間に小腹が空いちゃうんだよね・・・。
そんなとき、白玉団子はヘルシー(だと思う)。

○十三夜

1020

十三夜は一昨日。まるで春のような朧月。

そういえば、こんな風に月にいろんな名前があるって日本だけなんでしょうか。
十三夜、待宵月、十五夜、十六夜。。。。
雨にも、風にも、雪にも雲にもいろんな名前があって、それは季節にも密接につながっている。

そういう言葉を思い出したように調べてみるとちょっと楽しい秋の夜長です。

« ショコラ・バナーヌ | トップページ | 麦麦ベイク~秋山郷の旅~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/49800710

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜のお月見ずんだ白玉:

« ショコラ・バナーヌ | トップページ | 麦麦ベイク~秋山郷の旅~ »

TUBUYAKI

最近のトラックバック