« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/25

食養薬膳の世界~不足を補い、余分を落とす~

前々から興味をもっていた「薬膳」の講演会に行って来ました。

新潟テルサで開催された「Natural Life Festival」(4月24、25日開催)の中の特別講演会のひとつで、

高津征子先生による「新潟薬膳。~不足を補い余分を落とす~」というもの。

漢方では体の機能を大きく分けると“肝”“心”“脾”“肺”“腎”の五臓に区分される。

P1120781

その五臓と、新潟の五季“春”“初夏”“長夏(湿気の多いジメジメの夏)”“秋”“冬”と、五味と旬の野菜には、
漢方・薬膳の世界でいう「相生」「相克」の関係があるというお話でした。


ちなみにその「相生(そうじょう)」というのは宇宙的に何かを生み出す関係で、「相克(相克)」は何か削ったり、抑えたりするような関係(なんだと思いますcoldsweats01)。

この写真の中の中の五角形が「相生」で星形が「相克」になる(らしいcoldsweats01)。

続きを読む "食養薬膳の世界~不足を補い、余分を落とす~" »

2010/04/21

たこやき風ベーグル

Photo

いかにも「たこやき」ですが、「たこやき」ではありません。
これは相方の「残業食」というか「おやつ」用に焼いた「プチベーグル」

2

「たこやき風」と言っても、ベーグル生地を一口サイズにして丸めただけ。
タコもイカも入ってません^^;



「甘納豆in抹茶生地」「シナモンシュガー&レーズン、ラム酒入り」

先日の「りんご酵母液」を継ぎ足し、一週間かけて元種を作っておいた。
やっぱり春は酵母にいい季節。

夜は温める必要なく朝にはぷっくりと発酵してるよ。

続きを読む "たこやき風ベーグル" »

2010/04/18

サクラ、サクラ。

新潟にもようやく「桜満開宣言」。

早朝にお水汲みがてら桜散策。
「秋葉山水道タンク付近」は車から見た限り「3分咲き」くらい。

P1120713

五泉市「吉清水」付近の桜。
満開前の桜もまた美しい。

凛と鋭く伸ばした枝の清々しさと桜の木全体の美しさ。
まだ若々しい枝っぷり。

P1120714

続きを読む "サクラ、サクラ。" »

2010/04/11

ほうれん草とエンドウマメ

春菊は春が来る前に全滅してしまったけど、
一緒に蒔いた「ほうれん草」は大きくなってきた。


冬の間放っておきっぱなしだった「ほうれん草」「えんどう」。
ようやく、この子たちの世話をちょっとだけ。
前から気にはなっていたんだけど。


それにしても、ほうれん草って丈夫。
「縮みほうれん草」って品種があるくらいだから、やっぱり寒さには強いのか。
限度ってもんがあるんだろうけど。

0404

酸性に弱いっていうから多めに石灰を蒔いて置いたのがよかったのかな。
ただ、なんとなく葉の色が薄~く思えるのは気のせいだろうか。。。
間引きするのが遅かったしな。



少し離れた土の上で、こぼれ種で大きくなったと思われるほうれん草の株がところどころに。

続きを読む "ほうれん草とエンドウマメ" »

2010/04/07

りんご酵母パン

春うららnote
って言いたいところだけど、今日は寒かったです~wobbly

今朝は暖かかったのにsweat01
時間が経つにつれだんだん寒くなってきました。

昨日は暖かかったのにねsweat02

「三寒四温を繰り返し」・・・ってところでしょうか。

その証拠に、朝起きても明るいし、日も長くなったしheart02

何より。
それは「酵母くん」の様子を見ても感じます。

発酵するのが少し早くなってきたshine

2そんな「自家製酵母」。

今回は「りんご酵母」を使い、初めて「ストレート法」を試してみました。
※写真左が「りんご酵母液」 右はヨーグルト酵母液

2

続きを読む "りんご酵母パン" »

2010/04/04

「とう菜」のくるみだれ

今日の新潟は春の陽射したっぷり。

ずっと気になっていたスニーカーも丸洗いし、お布団も干し、それだけじゃもったいないので早咲きの桜を探しを兼ねて直売所までお買い物。

今日の私はいつも以上に元気いっぱい。
朝から友人からHAPPYな報告が届いたせいもあるけど。


帰ってくると、庭で畑仕事。

雪で全滅した春菊の畝に、新たな種を蒔いてみた。

「はつか大根」と「ミニ青梗菜」。

夏野菜の準備が始まるまでに収穫ができるといいけど。

この暖かさのせいか「とう菜」の「とう」も伸びてきた。

0404

04042

続きを読む "「とう菜」のくるみだれ" »

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック