« 夏野菜のドライカレー | トップページ | 夏至の夜に実山椒を炊く »

2009/06/20

あんず仕事

090620_3 今年もまたこの季節がやってきた。
庭のあんずの“成り具合”はいかばかりか。

例年より、実の数が少なめなで心配していたけど、なんの、なんの。

雨が少なかったせいで、木からこぼれ落ちた実もすくなく、もともといつもより少なかったことで栄養がいきわたったらしく、実がとてもデカくなりました。

090620_4 我が家の「あんず」は生食には適さない品種なので、いつも「あんず酒」や「ジャム」にします。

 

「ジャム」にするのは木で黄色く完熟したものを煮ますが、「あんず酒」にするのは梅酒同様、まだ青くて固いものの方が果実酒向き。

0906203 今日はまず「あんず酒」用のものを収穫。

0906202_2少し黄色く色付いてるけど、固いから大丈夫かな。
これで3㌔強。

来週、再来週あたりには完熟するどうから、それはまたジャムにしよう。

さて、あんず酒の仕込みです。

よく洗ってヘタをとり、半日ほど水につけおく。

今年は虫食いも少なく上出来。
水気をしっかり拭き取り、氷砂糖と好みのアルコールで漬け込む。


○「ホワイトリカー35度 1.8㍑  氷砂糖400㌘」

○「日本原酒20度 2㍑ 氷砂糖400㌘」

○「麦焼酎 いいちこ25度 1.8㍑ 氷砂糖350㌘」

0906205_2  今年はしっかりラベルを作ったぞ。
どれがなんだかさっぱりわからなくなった去年を猛反省。。。。。

○赤ちゃんカマキリ。
090620

紫のベルベットのような茄子の葉っぱの上に、
小さなカマキリの赤ちゃん発見

 

○「坊ちゃんかぼちゃ」です。090620_2 

奇跡のかぼちゃ、成育中。
ん?葉っぱの上に、何か・・・。

○お引越し。
茄子からかぼちゃへ強制的にお引越ししていただきました。

0906202 葉の裏にはアブラムシがたっくさん。
どうか、どうか餌にして下さい。

« 夏野菜のドライカレー | トップページ | 夏至の夜に実山椒を炊く »

コメント

>>つきゆりさん
こんばんわ♪
長野で手に入れた苗ならきっと美味しい実がなる杏の木なんでしょうね☆彡実がつくといいですね。
ウチの杏はかなりの年代モノですよ。
たぶん30年以上は経ってるんじゃないかな。
でも私が嫁に来てからは肥料など与えてるのは見たことないなぁ・・・。
せいぜい伸びすぎた枝をバサバサと切ってる程度だと思います。
果実は私も「放っておいてもなる」ものだと思います。桃栗三年柿八年って言うけど、杏はどうなんでしょうね。花が咲くといいですね~♪


あんずの収穫うらやましいです・・・
実は、小さい時食べた駄菓子、あんずジャムが大好きで
いつか自分であんずジャムをつくりたい!と思い
5年ほど前、庭に長野で購入したあんずの樹を植えました。

でででも、花も咲かず、もちろん実もなりません。
樹は大きくなっているのですが。
いなねえさまのところでは
なにか肥料をやったり、特別に手をかけていらっしゃるのでしょうか?

私の中では「樹はほっといても実をつけるものだ」と思い込んでいるので、この愛情のなさがいけないのでしょうか・・・
実のなる樹は憧れです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/45401177

この記事へのトラックバック一覧です: あんず仕事:

« 夏野菜のドライカレー | トップページ | 夏至の夜に実山椒を炊く »

TUBUYAKI

最近のトラックバック