« ちぢみほうれん草 | トップページ | 立春 »

2009/02/01

ヨーグルト酵母でエゴマプチパン

自家製レーズン酵母を使って「ヨーグルト酵母」を起こしてみました。

ヨーグルト酵母はレーズン酵母よりも発酵力が強いのだそうです。
200gの粉に対してレーズン酵母だと元種を180g使うのに比べ、ヨーグルト酵母では80gでいいのだそうです。

週末に焼くパンのため、ウィークディはひたすら元種をおこし。
これがね~ちょっと楽しいのよ。
Photo 2 ヨーグルト酵母液と小麦粉を30gずつ混ぜて発酵させることを3回繰り返し、全体で180gの元種を作ります。
左が混ぜた直後。
二時間後には少し緩んで発酵が始まりました。


うまく発酵してるプクプクと気泡ができてモコモコって二倍に膨らんでるの。

3 そんなふくらみを見ていると、不思議と癒されて幸せ気分になれるんだよね~(笑)ラインの線だったのが、ほどよく暖めるとこんなにプクプク→

そんな元種を使い、庭の畑で採れたエゴマを練りこんだシンプルなプチパンを作ってみました。

エゴマのプチプチ感が楽しい食感をかもしだしてくれます。
真ん中にはプロセスチーズを忍ばせてみました。

2_2金曜の夜に捏ねて、朝まで一次発酵。
←捏ねた直後。
一次発酵。
お家で使っていない湯たんぽを有効利用。一緒に毛布に包み込んで朝まで10時間程度じっくり発酵させます。

3_2 だいぶ膨らんできました。

8個に分割して丸め、ベンチタイム。

中にチーズを入れて丸めなおし、2時間程度、二次発酵。

4

焼き上がり~。
5_2  きつね色に焼きあがるまで10分少々。

今回は強力粉にコーングリットを少し混ぜ込みました。


自家製酵母は季節や温度、湿度によって発酵時間がかなり左右されるようです。

今回も朝食用のはずが昼食用になってしまいました。
AM6:00には発酵が完了する予定だったのに、10時頃までかかってしまった。

焦らずのんびりと膨らむのを待つのも楽しみのひとつと思わなきゃね。

[エゴマプチパン]今回の分量

強力粉      190g
コーングリット  10g
元種        80g
きび糖       大11/2
塩          小1
牛乳        120g
ケーキ用マーガリン 20g
エゴマ         10g

   

○やっと脱穀が終わったエゴマ

Photo_2Photo_3
秋に収穫したエゴマ。
脱穀、選別、乾燥に3ケ月以上の時間を費やす。。。。


たぶん、いや絶対もう作らない。
農家さんや直売所で買いますっ!!

« ちぢみほうれん草 | トップページ | 立春 »

コメント

>>ミナちゃん
こちらこそ食べてきただきありがと~note
自家製酵母パンもそうなんだけど、パン作りもまだまだ初心者coldsweats01もっともっと腕を磨きますdash

天然酵母ベーグルごちそうさま。
ブログにアップしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/43824443

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーグルト酵母でエゴマプチパン:

« ちぢみほうれん草 | トップページ | 立春 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック