« 長岡野菜「糸うり」 | トップページ | 玄米ごはんを季節で楽しむ♪ »

2008/09/08

旬野菜「ずいき」

夏から少しずつ秋の気配です。

Zuiki2 実家から「ずいき」をいただいてきました。
ずいきが食卓に登場するのは、真夏というより秋が近くなるこの頃。

農道を走っていると大きく育ったサトイモの葉の勢いが少し弱まってきたようです。ってことは、ってことは・・・収穫が近いってことhappy01heart02

Zuiki そんなサトイモの仲間である「八つ頭」の茎の部分が「ずいき」。
根元の下から葉っぱの付け根まで赤い色をしているのが特徴です。

そのまま乾燥させて冬場の保存食にしたり、茹でてお味噌汁にしたり、酢味噌や甘酢漬けにしたりしていただきます。


9月って、夏の暑さで体もバテ気味。
そんな時に食べる甘さ控えめのさっぱり「甘酢漬け」がとっても好きですnotes
0809zuiki

「ずいき」の扱いは実家の母譲り。
先っぽからポキポキと折りながら皮を剥き、剥きながらまたポキポキ折って酢水で茹でるんだけど、ちゃんと皮を剥いてから食べやすい大きさに包丁で切り揃えた方が美しいかと思います。

でも皮を剥くとき、指先や爪まで赤い色が付着してなかなか落ちないので取り扱い注意です。

桃の汁もそうだけど、この「ずいき」の茎の切り口からでる汁も一度服についたら最後、落ちないの、、、。この汚れは、こうすると簡単に落ちるのよ~っていうの知ってる人がいたら是非とも教えて下さい。

0809zuiki2 私の甘さ控えめな甘酢漬けは
・水  100cc
・酢  100cc
・砂糖  70g
・塩    少々

酢水で茹でたずいきをザルにあげ、熱いうちに漬け汁に漬け込みます。
するときれいなピンク色に仕上がりますnote冷めたら冷蔵庫で保存です。

「ずいき」の栄養は、見たとおり、食物繊維、鉄、カルシウムを多く含むので貧血にとってもいい食物です。

○赤ちゃんずいき

P1090499太い茎の間から小さな赤ちゃん葉っぱが出てました。
まだ身長20cmheart02

どこまで育つかキッチンで水栽培。

 

○隣のレンコン畑。

Renkon2 Renkon 遅咲きの一輪、見つけました。

蓮の葉もちょっと疲れてきた様子。
水面下でレンコンがどんどん太ってるころあいかな。

« 長岡野菜「糸うり」 | トップページ | 玄米ごはんを季節で楽しむ♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/42416124

この記事へのトラックバック一覧です: 旬野菜「ずいき」:

« 長岡野菜「糸うり」 | トップページ | 玄米ごはんを季節で楽しむ♪ »

TUBUYAKI

最近のトラックバック