« mini菜園日記~梅雨入り~ | トップページ | 〔旬の果実〕梅仕込み2008 »

2008/06/29

うおぬま紀行②~名水の旅~

先週の魚沼紀行のつづきデス。

Yunotani2 「うおぬま茶房」さんでお腹いっぱいになったあとは第二の目的「名水」探し。
Launch前に立ち寄った堀之内にある道の駅「ゆのたに」の案内所で近くの名水は調査済み。



Yunotani 魚沼といえば「魚沼産コシヒカリ」
私は実家のコシヒカリさんしか食べたことはございませんが、やっぱり美味しいのでしょうね。

米の美味しいところは水が美味しいし、水と米が美味しければ、決まって日本酒も美味しいものでございます。

名水探しといいつつ、ついつい銘酒の蔵元見学なんかしてしまいましたnote

まずは〔名水〕
教えてもらったのは「大前神社(おおさきじんじゃ)」にある「滝谷の清水」。
2 3
R291の大崎トンネルの南、八海山の西の麓に位置する古社です。この一体は新潟の冬の特産「薹菜(とうな)」の仲間「大崎菜」の産地でもありますnotes


1 4 境内の裏手から沸く清水を階段下の手水舎に分水してるそうです。
↑龍の口から流れてるのがそれ。ここなら場所は駐車場からも程近く、お水も汲みやすい。便利、便利。
狛犬くんの耳がデカくてカワイイ。

5 ついでに境内も見学。
古い社殿は伝統を感じます。こちらの境内の後ろには舞台がありました。
あとで知ったことですが、大前神社の夏祭りで、「翁式三番」という古式ゆかしい平安時代を思わせる舞が披露されるそうですよ。。。。

○きんちゃんのハム工房
Photo
道の駅「ゆのたに」で試食販売していた「きんちゃんハム」。
『父ちゃんが作って母ちゃんが売ってるよnoteって元気いっぱいのお母さん。
2_2

  「山菜ソーセージ」「あらびき」「軟骨」をお買い上げ。今夜のツマミです。
こちらの工房、「ソーセージ作り体験(¥3000より)5本いり10パックできる)」も予約制でやってます。ちょっと興味あるなぁ。

○八色スイカはもう少し
Yairo 魚沼八色地区は八色スイカの産地。
一面に広がるスイカ畑にはまだ花が咲き始めたばかり。

甘~い八色スイカ。盛夏に食べたいっ!我が家ではそうそうお目見えしない高級品。

○日本酒のナポレオンshine
44  2魚沼には超有名な銘蔵元「八海山酒造」がありますが、今回は「玉川酒造」

冬に降積もった雪で「ゆきむろ」を作り、天然の雪蔵で日本酒を貯蔵してるのだそうです。


日本一のアルコール度数46度の「越後さむらい」はロックやお湯割りで飲む日本酒(もちろんストレートでもOKですが・・・)沖縄の泡盛並みってコト・・・?
それを樽で寝かせた「さむらいナポレオン(43度)」もあります。133

  →天然の雪を使った雪蔵を利用し、日本酒を貯蔵すると乾燥を防ぎまろやかな味になるんだそうです。シートの下は本物の雪。今年の2月には建物を越す高さだったそうです。

4 試飲は左奥から。段々と度数が高くなるsweat01
右からだと、最後は薄く感じますから・・・
試飲といえど、ちゃんと氷が用意されてますのでご安心を。

自家製梅酒用の日本酒を買おうと思って来たけど、そんなことでこのお酒を使うにはもったいないというか、申し訳ないのでやめましたcoldsweats01
紙パックの酒で十分だ。。。。

蔵見学も試飲も無料なので、ドライバー確保してぜひ訪れてみてくださいませ。

« mini菜園日記~梅雨入り~ | トップページ | 〔旬の果実〕梅仕込み2008 »

コメント

>>おーちゃんさん
そぉ~か。おーちゃんさんのホームグランドでしたねnote雪中貯蔵のよさはその高い湿度でお酒の風味が保たれることだと伺いました~。やっぱり雪国ならではの美味しい秘密があるもんなんですねshine雪中貯蔵そば!?コシが違うんでしょうか。。。雪中貯蔵シリーズを食べ歩きしてみたいですheart02
お酒苦手なお友達を誘って行くことをオススメしますbleah

いい旅をしてきましたね!
魚沼地域には高校の同級生がたくさんいましたので地名などは懐かしいです。
玉川酒造のお酒はまだ飲んでいないので興味あります。
運転手にならないようにして行って試飲しまくりたいですね。^^
雪中貯蔵のお酒はいろんな蔵元で出していますが、小千谷の高の井酒造が発祥の蔵です。
そばも雪中貯蔵しているお店がありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/41616947

この記事へのトラックバック一覧です: うおぬま紀行②~名水の旅~:

« mini菜園日記~梅雨入り~ | トップページ | 〔旬の果実〕梅仕込み2008 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック