« 春野菜から夏野菜へ「サンロード」 | トップページ | 葉っぱが主役の「葉たまねぎ」 »

2008/05/15

フジコマたけのこフェアー2008

GW明けの日曜日、新潟市江南区旧横越村で「フジコマタケノコフェアー」が開催されました。

横越にタケノコがとれるような場所なんてあったっけ?と思いながら車を走らせてていたけど、藤山・駒込地区方向に曲がった途端、左右に広がる竹林。

P1070402 こんな竹林を見るのはずいぶんと久しぶり。

竹林って、癒し効果抜群です~heart04
 
でも今日の目的は「癒し」ではなく、「食い気」。

タケノコ堀り体験も受付けてましたが、「焼きタケノコ」、「タケノコしゃぶしゃぶ」に群がる人を見たら、もう並ばずにはいられませんでした。

P1070393 網の上でゴロゴロと並べられたタケノコは炭火でじっくりと焼かれます。

なんとも香ばしいタケノコの香りが会場中に広がり、ますます列が長くなります。

あと5番目(^^♪というところで焼きあがったタケノコがなくなっちゃったcoldsweats02

でも大丈夫good
続々と竹の子がまた網の上に並べられます~(^.^)

・・・しかし、いくら小さめ、細めのタケノコといえど、生タケノコ。幾重にも皮が重なってるわけですよ。火のとおりも肉のようにはいきません。

餌を目の前に、待てをされられてるワンコの気持ちがよ~くわかるですdog

タケノコ堀りをしなくても、朝掘ったタケノコの直売があるという話だったけど、あっという間に完売だったらしいsweat01こうなったら、どんなに待とうが試食だけはせねばdash

でね、網の上で焼かれるタケノコも大小さまざま。
タダ喰いのくせにワガママ言っちゃあ悪いけど、どうせならちっこいのより大っきいの食べたいな。

Yakitakenoko
中の中くらいのをいただきました。

焼きあがったタケノコに味噌をのっけて食べます。

ホクホク、味が濃い~。

砂地で育ったタケノコは普通の土で育ったものに比べてアクが少なく、柔らかいそうです。

そのあと、タケノコしゃぶしゃぶをいただいて帰ってきました。
それそろ新潟のタケノコも終盤になってきましたね。
もう一回くらい、タケノコご飯したくなってしましました。

○コレモ筍!?

P1070396_3
ちょっと自慢気に大きなタケノコを見せてくれた男の子。

片手で持てなくなっているけど(笑)たぶん、食べれないと思うけど(笑)

会場では竹細工作りも開かれてて、昔懐かしい竹馬作りなんかもやっていましたよ。

« 春野菜から夏野菜へ「サンロード」 | トップページ | 葉っぱが主役の「葉たまねぎ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/41206303

この記事へのトラックバック一覧です: フジコマたけのこフェアー2008:

« 春野菜から夏野菜へ「サンロード」 | トップページ | 葉っぱが主役の「葉たまねぎ」 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック