« エントリ(BlogPet) | トップページ | 庭先ってどこにあるかな(BlogPet) »

2007/11/26

<旬野菜>秋鮭に秋野菜♪

美味しい秋鮭の季節ですね~(*^。^*)

地元のスーパーでは、そんな生秋鮭の「半身」や「はらこ」がとってもお手ごろ価格で手に入るときがあるんですよね。
「半身」が¥58/100g、「生はらこ」は¥258/100gだったり。
ついつい予定外に買いこんでしまいます。

この日は切り身は半分味噌漬けに、はらこは醤油漬けにしてみました。

そして残った半分は「炊き込みご飯」に。
「秋鮭と秋野菜の炊き込み」です~(*^。^*)

Akisake
コロコロとした秋鮭にゴロっとした秋野菜。

これだけで、おかずいらず~(^^)

炊き込みにするのは塩鮭でも生鮭でもいいけれど、生鮭を使った方がふっくらと優しい炊き上がりになるのが私好み♪

ただ生鮭なら下準備として酒と塩で30分くらい漬けておきます。

鮭の旨みと野菜の旨みをいかすのに調味料は薄味に。(出し昆布、みりん、おしょうゆ、お塩)

今回一緒に炊き込んだのは今が旬の根野菜♪
栄養も旨みもいっぱいの里芋にゴボウ、人参、れんこんをたっぷり(*^。^*)

骨盤骨折で自宅療養中の義母は、最近運動不足もあり、薬のせいもあり・・・?胃腸が悪いらしい。

そうすると、苦手な野菜は余計に食べなくなるという悪循環xxx

消化を助けるお野菜に食物繊維たっぷりのお野菜パワーをしかも美味しく食べさせるのって難しいものですね。。。

せっかく学んだ「野菜ソムリエ」の知織をこういうところで発揮できたらと思う今日この頃。
でも学んだことって、蒸発していくんだよね(笑)

○新潟の冬の保存食~体菜漬け~

Taina071125
「とう菜」より一足はやく「体菜」が収穫をむかえました。



Taina0711252 冬の間、青物野菜が不足しがちな新潟ではこの「体菜」の塩漬けを保存食としていただきます。茹でて塩抜きしたものを油揚げや打ち豆と一緒に煮る「煮菜(にな)」は今でもおふくろの味。子供の頃はちっとも美味しいなんて思わなかったけど、今は懐かしい郷土料理のひとつです。

« エントリ(BlogPet) | トップページ | 庭先ってどこにあるかな(BlogPet) »

コメント

>>おーちゃんさん
そうそう♫豆をひとつずつ石の上で叩くんですよね~^^;私もよく手伝わされました~。
今では冬とはいえ何でも手に入る時代ですが、それでもこの煮菜はこれからもずぅ~っと作り続けていくんでしょうね。
私もこの「体菜」をわけてもらおうと思います。

>>ごんさん
こんばんわ♫はじめまして!!
実は私も「タイナ」っていうのを知ったのは最近なんです~^^;実家ではずっと訛って「テェ~ナ」って発音してます(笑)
子供に受けないのは昔も今も同じようで、実家の甥っ子も姪っ子も「煮菜」には全く興味なしです(笑)もっと子供受けするように卵とじにしたりすればいいのに、大人は大人でこの昔ながらの煮菜の味から離れられないんですよね~。

こんにちわ。
「たいな」とは「体菜」と書くんですね。
子供の頃、同様にあまり美味しい食べ物とは思いませんでしたが、最近は懐かしいです。
塩気が抜けきらずに、ちょっとしょっぱいなぁーと子供の頃食べた味を覚えています。

煮菜・・・は懐かしいですね。
冬場の食卓には必ずあったような気がします。
おばあちゃんと一緒に木槌で豆を打った記憶があります。
昔は冬にはそればっかりだったのであまり好きではありませんでしたが・・・今は懐かしい味ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/17182887

この記事へのトラックバック一覧です: <旬野菜>秋鮭に秋野菜♪:

» 体菜(たいな)の煮菜(にな) [ごんの新潟日記]
先日「いなねの気まぐれ日記」さんに体菜の話が紹介されていました。 子供の頃、時々食卓にのぼっていたことを思い出しました。 妻に話をすると、普通のスーパでは売っていないけど、今度探して作ってくれるとういうので楽しみに。 話した数日後には農協の直売所のような....... [続きを読む]

« エントリ(BlogPet) | トップページ | 庭先ってどこにあるかな(BlogPet) »

TUBUYAKI

最近のトラックバック