« 日本の「道」 | トップページ | 抹茶と小豆のケーキ »

2007/09/15

新潟の秋味「里芋コロッケ」

070915satoimo 新潟で里芋っていうと、お隣の五泉市の「帛乙女(きぬおとめ)」が有名です。
色が白くねっとりと糸をひくようなぬめりが特徴。そんな帛乙女の初物を親戚の方からいただきました♡

イモ類の中でも一番低カロリーで食物繊維が豊富な里芋。
特徴である「ねばり」が血圧を下げ、血中のコレステロールを取る効果がり、「ぬめり」には粘膜を保護する効果があるそうです♪

保存で大事なのは乾燥させないこと。泥つきのものが店頭に並んでることが多いのは乾燥を塞ぐため?かな。保存するときは泥つきのまま新聞紙でつつんで常温保存でいいようです。

この前はオーソドックスに煮物にしたので今回は「里芋コロッケ」にしてみました~♪

070915satoimo4

いっぱい揚げずに済むようにしたら、一個がかなり大きくなってしまった(-_-;)野球ボールみたいですxxx



070915satoimo5 割ったらこんな感じ。今日のタネは、
・里芋
・豚挽肉
・タマネギ
・ひじき
・人参
和風味に仕上げました。彩りに枝豆も入れたんだけど、ちょっと少なかったかな。

煮物にするとき、ぬめりを取るために水にさらしたりする人も多いようですが、
辰己浜子さんは、里芋の扱い方についてこう書いてました。
“里芋は皮をむいたらけっして水にひたしてはいけません。最初にさっと洗って皮をむいたら、すぐ堅くしぼったふきんで拭きあげてください。ゆでたりぬめりを洗うことも不要です。煮干や昆布の出汁で結構です。味がついた煮汁でいきなり煮あげてごらんなさい・・・”
って。。。

が、ついつい水に浸しちゃう私です・・・(笑)

070915satoimo2 ただコロッケの場合、外側の皮をタワシて洗いおとしたら、15分くらい蒸しちゃいます。
すると皮は面白いようにツルンって剥けちゃいます。
 

久々の揚げ物でしたが、賢いレンジ台の「揚げ物設定(油の温度を常に一定に保つ火加減にしてくれる)」のおかげで結構上手に揚げれたような気がしまぁす♡

○実りの秋も、もうすぐ
070915itijiku
ようやく無花果が大きくなってきた。
完熟するにはまだまだかな~?
今年はこの前習ったジャムにしたいな。

070915kaki 柿も実をつけてきました。

« 日本の「道」 | トップページ | 抹茶と小豆のケーキ »

コメント

>>お玉さん
ホントに~(^・^)お父さんの実家って日本海側なのかな~。「のっぺ」もところによって入れる具が少しずつ変わってるからそれもまた楽しいですよね♪

「のっぺ」知ってる!!
実家の父の実家に行くと、よく出してくれますよvv

それとはまた違うのかな??

レシピ楽しみにしてま~すヽ(゚∀゚)ノ

>>お玉さん
大好きな食材も、ついつい同じメニューになりがちなんですよね・・・^_^;
この里芋、新潟の郷土料理「のっぺ」という煮物の主役♡でもあるんです!またいつかご紹介しますね!

里芋ってコレステ対策にもってこいですね!!
これは食べねば!!んっ(゚Д゚)

うちも煮物かお味噌汁が定番なので、ここらで一発変り種を♪
コロッケTRYしてみますね~ヽ(゚∀゚)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/16459053

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟の秋味「里芋コロッケ」:

« 日本の「道」 | トップページ | 抹茶と小豆のケーキ »

TUBUYAKI

最近のトラックバック