« きょういなねえで(BlogPet) | トップページ | 10月23日 »

2006/10/22

冬の使者にご挨拶

Hakucyou 10日程前、新潟県内の白鳥の湖として知られる阿賀野市水原地区の「瓢湖」に今年もコハクチョウが初飛来したという記事が地元新聞に載っていた。
4000キロ離れたシベリアからの長旅だ。どれだけの体力を使うのか・・・。10キロでイッパイイッパイの私は頭が下がります。

Hyouko 今日、ちょうどその水原の瓢湖を通りかかったので、白鳥たちにご挨拶。
小春日和の暖かな秋空の下、多くの人が訪れていた。
雪に覆われる真冬になると、白鳥たちは朝から湖を飛び立ち、小さな群れで近くの田んぼや沼地に餌を求めてでかけ、夜になると寝床の湖に戻ってくる。
だから昼間の瓢湖には白鳥が少ないことが多いのだ。
でもまだ雪のない今頃が、白鳥たちを観察するにはちょうどいいのかもしれないね。

Hakucyou2 でも・・・あいかわらず、カモの方が多い・・・^^;

Hakucyoukaikan となりに建つ白鳥会館。
かわいい白鳥のマスコットや地元土産が並んでいる。

Noppe その中に、、、おぉ~!発見!新潟の郷土料理「のっぺ」の缶詰。
主役はサトイモと干しシイタケのだし汁、あとはニンジン、銀杏、タケノコ、昆布、などなど。その時々の野菜を入れるのだ。大量につくり、冷たいまま食べるのだけど、私はできたてのアツアツもそれなりに好きだ。果たしてこの缶詰は我が家の味と一緒か否か・・・。砂糖、しょう油、みりんで、なんとなく、そんな味になりますが・・・。

Kamojiru そして、やっぱりあった・・・。「カモ汁」・・・(-_-;)。
二階のレストランにも「カモ汁あります」の張り紙。あの群れを見て食べたくなる人がいるんでしょうか(>_<)
どこで、仕入れたんですか?と聞きたくなりますが、一応この付近、禁猟区です。
製造元は・・・加茂市。洒落ですか??(加茂市というのは新津を挟んで反対側なんですが・・・)

○帰り道、思わず目が釘付け。
水原の商店街の薬屋さん。
見てるだけで・・・心臓がドキドキしてきそうです・・・(-_-;)。
Yakkyoku

« きょういなねえで(BlogPet) | トップページ | 10月23日 »

コメント

>>ばきらちゃん
あれれ~^^;ちょうど今ばきらちゃんとこ遊びに行ってたとこでした(^.^)
土曜はありがとうございました♪お勉強?しちょるように見えっとぉ???(笑)

「耳なし芳一ッ!」(>_<)あったねー。あれはさすが小泉八雲って感じですxxx小さい頃の怖い話のベスト3にはいります。「三枚のお札」も怖かったな~。

>>momongaさん
渡り鳥の過酷さはいろんなTV番組でよく見かけます。そんな鳥たちの厳しい運命をよそ目に、ついつい季節の風物詩にしてしまいます。まして・・・カモさんゴメンネ(>_>ガマ太郎さん
どーしよーーー!!今年、屋根の上にいるカマキリ見かけましたよっ(*_*)勘弁してーー!!
あのカマキリお腹大きかったかなーー????

はじめまして。
ジュニア・ベジフル・マイスター新潟一期生の、ぱきらデス。
いなねぇサン、ちゃんと?お勉強していてすごいですねぇ!!

ところで、瓢湖は私も子供の頃行ったっきり。この時期また訪れたい場所です。

それにしても・・・薬屋さん、耳なし芳一みたい。。。

私も小学生のころ一回いきましたよ、ここ。
ところで、カマキリが卵産んだ高さで今年の積雪量が分かるそうですよww

冬の準備の前に探してみては?(笑)

ちらほら来てるみたいですね、白鳥。
命がけで大移動を余儀なくされる運命には、お気の毒というか何というか・・
海上には途中で力尽きた白鳥の死体が浮いていることが多々あるそうです(>_<)
そういう話を聞いているせいか、毎年つい飛来地に行って、大量のパン耳やりんごを撒きまくっていたりします(^_^;)
みんな白鳥は食べるなんて言わないのに、カモは食べてしまうんですからおかしなものですよね~ せめて飛来地でお店出すのは控えてほしいものです(-_-;)

最後の薬屋さん、確かに動悸がしてきそうな張り紙・・(゚Д゚;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/12382822

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の使者にご挨拶:

« きょういなねえで(BlogPet) | トップページ | 10月23日 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック