« 「かぐらなんばんの肉詰め」 | トップページ | レンコン三種盛り »

2006/10/01

中之島名産<レンコン収穫体験>

以前から楽しみにしていた「れんこん(蓮根)収穫体験」に行って参りました(^^)v

新潟県、中之島の大口地区は窒素分が多く稲作に不向きな土壌でしたが、逆に「蓮根栽培」にとっては好条件であることをに目を付けたのが始まりでした。以来60年、現在では新潟県を代表する蓮根産地となり、「大口れんこん」は有名な特産品となりました。

今回は「ふるさと創生基金事業」として長岡市役所の「大口れんこん収穫体験ツアー 限定25名 」というイベントに参加させていただきました。

Renkonhatake_1 中之島支所からマイクロバスに乗り込み、90haあるという広大な蓮畑へ移動です。
秋晴れの中、さっそくみんな胸まである「ゴム長靴」、肩まですっぽりの「長手袋」を装着。
大人がスーパースーツに変身してる間に、子供たちは一足早く、田船で蓮Photo_2 根畑探検の旅~♬

「大口れんこん音頭」の流れる中(中之島の子供たちはみんなこの音頭が踊れるんだってヽ(^o^)丿毎年運動会には踊るらしい!どこかの校歌みたいだ・・・見てみたーい!!)
いざ、蓮畑へ!

Photo_6 泥の畑へ一歩入った途端、ズブズブズブッ~と足が泥畑に沈んでiいく。と同時に、長靴を履いていても泥の感触がゴムの上から感じてくる。泥に足を取られる~(>_<)

蓮の葉茎は収穫の一週間前に倒しておくのだそうです。
そうすることで蓮根は窒息し、白く綺麗な色になるそうだ。


Renkon 身をかがめ、手探りで泥に手を突っ込み長い大きな蓮根を探すのはなかなか大変。
たとえ蓮根を見つけても慌てて引っ張ってはいけません。思いの外蓮根は長く繋がっている。傷つけても折ってもいけません。モーターで汲み上げた地下水に圧をかけ、ホースから勢いよく出る水流でれんこんの周りの泥を跳ね飛ばす。それからゆっくりゆっくり引きあげるのだ。すると見事な大きさの蓮根!!!とったどー!!!

収穫した蓮根は持ち帰っていいということで大人も子供もおおはしゃぎ。

大口れんこんの収穫は10月に入ってからということで、今日は早生品種の収穫となりました。

蓮根の収穫時期は8月から翌年の3月まで。
豪雪の中、暖かい地下水で氷雪を溶かしながらの作業は大変なことでしょう。また冬場になると鴨や白鳥などの渡り鳥も、この蓮根を狙って集まってくるそうだ。またこの鴨たちが、一番美味しい新芽のところを食べていくという、グルメぶり。知恵比べはイタチごっこ・・・まだまだ続いているらしい。

ところでこの蓮根、どうやって植えるのか聞いてみた。

3月に蓮畑をトラクターでならした後に、新芽のでた蓮根を、均等に泥の中に置いていくのだそうだ。
その新芽は蓮根から栄養をとり、芽を伸ばして成長していく。もとの蓮根は栄養をとられどんどん枯れていくのだそうだ。

それにしても、蓮根農家の方々が明るくて楽しくて、そして逞しいこと!
私たち体験収穫はほんの2時間程度だが、毎日毎日この泥畑の中を手作業だ・・・。おまけに中腰で朝から晩まで。これから迎える冬場なんて想像を絶する。

Renkonarai Renkon2_1 私も自分でとった蓮根の泥を落としてると、「ハイ、サービス、サービス♬」と取った倍以上の蓮根を持たしてくれた。
ホントに、中之島の皆さん、太っ腹!


これは蓮の実。割って中身を食べてみました。お~!ちょっとぽくぽくとした食感。
本来なら花が終わった直後8月くらいのものがもっと美味しいそうだ。
Photo_4 Photo_5



ありがとうございました!

・・・・次回はとれたて蓮根で「昼食タイム」へと続きます!

« 「かぐらなんばんの肉詰め」 | トップページ | レンコン三種盛り »

コメント

>>うりくん
目の付け所がサスガっ!!
そーだよね~、ちょっと聞きたいところだねっ!
どーなんだろ?食用になるのと種類が違うのかもね。
ってか、今度忍びこんでみる?新津の植物園の池にもあるよ。やっちゃう??

>>ガマ太郎さん
ハハハ・・・^^;。
「蓮根祭り」よ~くご存知で・・・(~_~)
飽きが来ないといいんですが。

>>お玉さん
ほっほぉ~。あの蓮の実で餡子を作るんですか。さすが本場の中華。蓮花茶は聞いたことありましたけど、実までお菓子になっちゃうんだぁ~(^^)。

>>kenjiさん
そのとおりです。これだけの名産、蓮根畑も年々減っているのが現状のようです。思った以上に蓮根農家も大変なご苦労があるようです。取りたての蓮根は歯ごたえも甘味もいっぱい。本当に美味しかったです(^^)v

白山神社の池にもレンコンがあるんですかね?時季にはでっかい蓮さいてるし。

レンコン収穫面白そうですね。
でもおっしゃるとおり、農家の方は大変なことでしょう。。。

レンコンどんな風に調理されるのでしょう?
up楽しみに待ってます!!

おはようございま~す♪

ハス美味いですよね!!
煮てもよし・炒めてもよし・揚げてもよし、どうやって食べても美味いですよ(* ̄∇ ̄*)
しかも繊維質がいっぱいでしょう??
お腹にもいいんですよね~vv

横浜の中華街でよくお土産の豚マンを買うお店があるんですけど、そこに蓮の実餡の桃マンがあるんですよ♪
本来の桃マンは普通の餡子じゃなくて蓮の実の餡子を使うんだとか。
甘みがあっさりしてて美味しいですよ~(*^_^*)

おお、これがかねてから噂のツアーですね。

腰までつかっての収穫ご苦労様です。

しばらく、食卓は蓮根祭りですね。アップ楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/12102014

この記事へのトラックバック一覧です: 中之島名産<レンコン収穫体験>:

« 「かぐらなんばんの肉詰め」 | トップページ | レンコン三種盛り »

TUBUYAKI

最近のトラックバック