« 花火と職人のまつり~片貝~ | トップページ | 栗、待ちきれず・・・芋ご飯。 »

2006/09/14

小千谷と言えば・・・「へぎそば」でしょう!

せっかく小千谷に来のだし、お昼はやっぱり本場の「へぎそば」を喰わねばっ(^o^)丿!

「へぎそば」というのは、「へぎ」と呼ばれる木の器に一口ずつ綺麗に盛られたそばで、新潟の十日町・小千谷地域を代表する郷土料理の一つです。
そば粉のつなぎに布海苔(フノリ)という海藻を使っているのが特徴で、独特の強いコシとツルツルとした食感が魅力。同じ布海苔そばでもそれぞれのお店に個性があるので、できればいろいろなお店を食べ比べてみたいものです。

今回むかったのは「わたや 平沢店」
Wataya

  •     

    二人でオーダーしたのは
    ・「へぎそば」3人前Hegisoba_1
    ・「野菜天麩羅」
    ・「舞茸てんぷら」

意外に軽くいただけました。これなら「4人前」いけたね。
以前違うお店で「4人前」の「へぎそば」を頼んで、食べきれなかったことがあったのですが、店によって「歯ごたえ」や「食感」など随分違います。

なんだか口淋しかったので・・・締めに「そばソフト」(^.^)v。
蕎麦茶と蕎麦の実の風味のする和風ソフト、さっぱりとした美味しさでした♬

Sobasoft

う~ん(^.^)満足、満足。

でも、ここまで来る道のりは実はかなり険しかったのです。

この日小千谷では「片貝まつり」&「牛の角突き」。
帰路の交通渋滞を避けるため、昼前に車の駐車場所を確保し、移動は積んできた「折り畳み自転車」。

しかし、この日の気温35℃。照りつける太陽の下、慣れない自転車でひたすらペダルを踏む、踏む,踏む。

道順は車中で確認しておいたものの、自動車でラクラク移動した距離をいざ自転車で走ってみるのは意外と、いや、かなり、キツイ!。距離はおおよそ6キロとわかっていたものの、失敗だったのはUPDOWN!車ではほとんど感じない坂道も、自転車だと辛いのなんの・・・。

自動車って、、、ホント魔法の乗り物ですよねっ!つくづく感じました。

クタクタになりながらようやく「わたや」に到着。

入り口で名前と人数を書く用紙が置いてあったのですが、人生初めての経験です。
その紙すでに3枚目に突入。「25番目」。なんと行っても「名物」ですし、今日は10万人が観に来る「片貝の花火」。

普段なら並ぶのも待つのも苦手な私達なのですが、炎天下のサイクリングで心身ともに汗まみれxxx。もうどれだけ待とうが、今更またあの太陽の下へこぎだすより、この涼しい店内に入れるだけで心地いい・・・(~_~メ)。

体力使ったあと、ようやくありついた「おそば」です。
大変おいしく頂戴いたしました。
ちなみにこのあと「牛の角突き」「花火」を回り、TOTAL自転車走行距離「19.5㌔」!?
う~ん・・・いいトレーニングになりました。
こんな長距離と初めから知ってたら、車で行っていたでしょう・・・。

◎この日一番頑張ったのは、この自転車クンたち。
途中でブレーキが壊れながらも、無事に最後まで走ってくれました・・・。
Jitenshya

« 花火と職人のまつり~片貝~ | トップページ | 栗、待ちきれず・・・芋ご飯。 »

コメント

>>うりくん
わかるなぁ~、なんとなく"^_^"きっと味はもちろんなんだろうけど、その土地やお店とか雰囲気も美味しさに繋がってるんだと思うよ~。ちなみに佐渡に行ったら、イカ丼食べたいです。でも二食続けてはいりませんがっ!

>>momongaさん
そばも嗜好品ですから、好みもいろいろあると思います。つなぎなしの「そば粉100%」こそウマイという人も多いです。お店によってもホント全然違ったりするんですよ。薬味も。十日町や小千谷あたりだとねぎやしょうがのほかにからしも薬味として着いて来るんですよ~(^^)是非一度食べてみてくださいね~♬

>>おーちゃんさん
初めまして~。ようこそです♬
小千谷はいいところですね~。自転車で白山闘牛場から片貝に抜ける途中の畑や棚田。高原のような風景。とっても気持ちよかったです。まつりも花火だけじゃなく、半被を着た小若衆が町内一軒一軒の玄関前で唄を唄って、あれは邪気を払ってるのかな・・・?思わず自転車止めて見入ってました。まつりそのものに歴史や伝統があるんですね、それが脈々と受け継がれてるんだとなんだか羨ましく思いました(^^)来年は小千谷まつりもみたいな~♬気まぐれなblogですが、また遊びに来て下さいね~♪

初めまして、こんにちは!
もうぞうさんの所からとんできました。
角突き・片貝まつり・へぎそば・・・に反応してしまいました。^^
私は小千谷生まれの小千谷育ちです。
片貝に近い所です。
現在は埼玉県に住んでいますが、田舎の話題が欲しくて、もうぞうさん他の新潟の人達とお付合い頂いています。
新潟の地酒やへぎそばが好きで、こちらでへぎそばの食べれるお店を探したりしています。
帰省の際は、須坂屋・角屋・わたやのいずれかへ必ず行っています。
今後も新潟の話題を教えて頂きたいと思います。

ものすごい努力の上で食べたおそばだったんですね。元々おいしいおそばなんでしょうけど、数倍おいしく感じたのではないでしょうか?海苔入りのうどんは食べたことがあるのですが、おそばは無いので興味あります。いつか食べてみたいな~

会社に細菌長野いった人いるんですが
わざわざ遠回りして毎回ソバ生き返りに食べてく人います。
普段はラーメンです。
それくらいおいしいんすな。小千谷とか長野って。(´-`).。oO(ナンデダロー・・・)

>>izumozaki_2006さん
そ~です!!通りましたよ~「須坂屋」さん。坂道あたりで・・・。一瞬ここにしようか迷ったんですけど「須坂屋さんなら新潟市内にもあるし・・・」と頑張ってしまいました(^.^)
「天領まつり」行きたいんですよー!でもね、その日・・・「新潟マラソン」当日なんです~(/_;)ほんの10㌔なんですけどね・・・もう完走も危ういんですが・・・(>_>もうぞうさん
こんばんわ♬実はもうぞうさんのblogにもちょこちょこお邪魔してます・・・"^_^"
「へぎそば」美味しいですよね~!ついつい箸が進みます!新潟のそばは美味しいですよ!東京からの出張者は必ず○嶋屋に行きたがります!!一度食べてもらうとその美味しさ、病み付きなんですけどね(^.^)

>>ガマ太郎さん
小千谷は関東からすぐですからね~。11月の新そばがでるころ温泉がてら、いかがですか~"^_^"紅葉した山に雪がちらつくかもしれませんね(^^)。

>>お玉さん
おそば本来の風味を味わうのは外側部分の入ったそばだといいますものね!お玉さん、ツウですね~(^^)v
エッ!?日中食べるとシミ作っちゃうのぉ~OH!NO!ガンガン食べてますよ~。もっと昔に教えて欲しかった~(T_T)だから私はシミばかりなのかなぁ...いなねえショック!

蕎麦いいですよ~好きで~す(* ̄∇ ̄*)
私は蕎麦がきも好き♪
関東の方は白いんですけど、やっぱ蕎麦は黒くなくっちゃ!
ってなわけで、私は信州方面の黒っぽいお蕎麦の方が香りもあって大好きですvv

でも日中食べるとメラニン色素奮発して身体が作るようになっちゃうから要注意ですけど!(。・_・。)ノ

私も小千谷で蕎麦食べたんだけどなー。
小学生のころで覚えがない!!
残念・・・

日本蕎麦の有名所は数々あれど、なぜか新潟の蕎麦はいまいちメジャーになれないようで・・・
それを補うように、最近ではブログがその宣伝の役割を担っているような気がします。
新潟情報を発信しましょう!

ところでへぎ蕎麦、美味しいですよね~

お疲れ様でした。片貝にクルマを駐車したんですか?須坂屋の方が近かったかも、でもお店ごとに微妙に味がちがうからねぇ 10月8日は出雲崎は天領まつりがありますよ。ブロガ-仲間がみんな参加しています。是非来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/11847892

この記事へのトラックバック一覧です: 小千谷と言えば・・・「へぎそば」でしょう!:

« 花火と職人のまつり~片貝~ | トップページ | 栗、待ちきれず・・・芋ご飯。 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック