« 栗、待ちきれず・・・芋ご飯。 | トップページ | 金の波 »

2006/09/18

自然のチカラ

Taifuikka_1 Yuyami_2                                                    

                     

                              

                    

史上最強の台風。
大きな爪痕を残して北東に進む。

そんな台風の影響でしょうか。今日の夕焼け雲は刷毛目模様。

どんなに科学が進んでも、自然の前に人間はちっぽけですね。
地震を予知することも出来ないし、大雪を雨不足の地域に役立てることもできない。

「思い上がるな、忘れるな・・・」と言われてるよう・・・。

○揺ら揺ら揺ら・・・キバナコスモス
Kibana4 Kibana2

台風の影響か、風が強い一日でした。
蝶も揺れる花に止まるのが難しそう・・・ばんばれ!(^.^)

                                       

昨日、山古志で地震後初めての「牛の角突き」が復活しました。
年内はあと2回予定されていますが、それは長岡での仮設闘牛場だということです。
まだまだ山古志の人たちは仮設住宅です。牛たちのほうが一足早く帰ってきたようです。
「まだまだ復興はこれからだけど、注目されたことで山古志はもっと輝ける」と、関係者は言ってました。
ピンチはチャンス。
やっぱり人間はすごい~。

« 栗、待ちきれず・・・芋ご飯。 | トップページ | 金の波 »

コメント

>>おーちゃんさん
そうですか、さぞご心配だったでしょうね。国道を通るたびあの妙見の山崩れの現場が目に入り、手を合わせてしまいます。
長岡の友人や小千谷在住の友人のお友達の話を聞くと、そのときの惨状に切なくなります。自然は守らなければいけないと同時に侮ってはいけないとつくづく思います。人間の力はたかが知れていますが、自然の力は想像を遥かに超えていきますね・・・。

>>さすがだ!利尻!日本網羅するブランドだぁ、FURTUNEさん!!
「闘牛サミット~」そう!奄美の牛さんも遥々いらしたんですよねっヽ(^o^)丿1tを超える牛さんの長旅スゴイ!ディープインパクトの輸送より興味あるなぁ~(^^)

今回の角突き、闘牛サミットということで、同じ奄美群島の徳之島(毎年闘牛の催しがある)からも参加していたそうです。
徳之島から山古志まで行った牛さん、ご苦労ご苦労。

御心配いただき有難うございます。
実家は長岡に近い小千谷市の北の方で、震源地から少し離れていましたので屋根の瓦が落ちた程度ですみました。
信濃川を挟んだ反対側では、新幹線の脱線や妙見の崩落があり・・・距離的にはとても近い所でした。
直後は実家と連絡が取れず、心配で眠れない一夜を過ごしました。
神戸の地震の時は仕事の応援に行った事もあり、自分の故郷が震災に遭うとは思ってもいませんでした。
二度とあのような経験をしたくないと思いました。

>>やっぱり昆布は利尻よね!FORTUNEさん!
そう挫けても立ち直る力があるし、考えて方向転換することもできます。そのチカラを信じたいですね!また14号が微妙な動きしてますよね・・・。どこかに吹き飛んで欲し~(/_;)

>>おーちゃんさん
そうですね、小千谷と山古志はすぐでしたね。山古志の道路はまだ関係者以外通行不可だそうです。住民の方の七割がまだ仮設住宅にすんでいらっしゃるそうです。
ところでおーちゃんさんのご実家の方は大丈夫でしたか?今頃になってすみません(>_<)

こんばんは!
自然を侮ってはいけませんし、大切にしたいですね。
山古志は是非頑張ってもらいたいです。
実家から信濃川の向こうに見える山(金倉山)の反対側が山古志で、高校の同級生が多数いました。
機会があったら訪ねてみたいと思ってます。

山古志の人、本当にすごいですね。
自然災害にはかなわないけど、人間には復活する力があるっ!

>>ガマ太郎さん
もう尊敬の眼差し・・・(*_*)
ガマ太郎さん名前改め、カマ太郎さんにしませんか?(笑)
よく知ってますね~!「カマキリが卵を草の高いところに産み付けるときはその年は大雪になる」って話ですよね。実はそれを研究してるのは学者さんでもなんでもない民間人で新潟の長岡の人なんですよ~(^.^)
ガマ太郎さん、蛙さんも冬眠するのに深いところだと春が遅いとかあるかもしれないですね!

>>お玉さん
本当にそのとおりですね。大事にすると言いながらその一方で核実験、ミサイル実験。実験と言えど海の生物にどれだけ影響を及ぼしているか・・・。壊すのは一瞬だけど、元通りにするのに何十年、いえもっともっと時間はかかるんでしょうに。。。
エコですよね。身近にできることからでいいからエコしうっと!

っっ∑( ̄□ ̄;)!?

なんで「おはようございます」が「おは」だけになっているのだ?!?!

すみませ~ん・・・(´;ω;`)ウッ…

おは~vv

自然を壊すのは人間。
でもそれを立て直すのも人間。

天災はその警告のようなものじゃないかと思う。

自然と仲良く共に生きる事って出来ないのかな??
もっとエコに協力しよう( ̄・・ ̄)ん。

おはようございます。
台風すごかったですね。本当に人間の力なんぞちっぽけなものです。台風が来るとわかってても使者が出るんですからね・・・
カマキリはその年に降る雪の量がわかるそうですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/11949247

この記事へのトラックバック一覧です: 自然のチカラ:

« 栗、待ちきれず・・・芋ご飯。 | トップページ | 金の波 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック