« あぁ~(/_;)、のせられて・・・ | トップページ | 早慶戦がやってきた! »

2006/06/11

水無月の畑日記②ブロッコリー

この6月、野菜の成長は目覚しいものがありますね。
0603burokkori 先週はまだ大きな葉ばかりで、中を覗いても花芽の影さえ見えなかった「ブロッコリー」
しっかり蕾をつけてきました。食べられるくらいになるのはもう少し先のようですね♪

この「ブロッコリー」、私が子供の頃は家では栽培していなかったです。もっぱら「カリフラワー」でした。で、苦手だったんです、私・・・。あのモサモサとした食感が・・・。

でも意外にも先に生まれたのは「ブロッコリー」なんだそうです。
どちらも原産は地中海沿岸。もともと今青汁で流行の「ケール」がご先祖サマ。まずそこから「野生キャベツ」が生まれ、その蕾の部分を改良したのが「ブロッコリー」。で「カリフラワー」は「ブロッコリー」が突然変異で白化したもの、弟ってことですね。。。

Burokkori 0610burokkori 日本に入ってきたのは明治初期の頃らしいですが、「ブロッコリー」の方が栽培が難しく、比較的簡単な「カリフラワー」の方がまず先に広まったそうです。そして昭和25年頃、アメリカ駐留軍の需要が高まり、また食生活の洋風化。緑野菜の栄養価が重要視され、ようやく、ようやく「ブロッコリー」さんが陽の目を浴びたということです。時間がかかったんですね、お兄ちゃんは・・・。

「ブロッコリー」。何よりの特徴は「緑黄色野菜」ということ!
にんじん同様カロテンが豊富でビタミンCはレモンの2倍。2、3房食べると一日に必要なビタミンCが摂れちゃう優れもの。カリウムも便秘にいい食物繊維もいっぱいです。カリフワラーもブロッコリーには負けるけど、ビタミンCも食物繊維もいっぱいありますよ!

それにブロッコリーはカリフラワーよりも鮮度が落ちやすく、黄色に変色してしまいがち。
ポリ袋に入れ茎を下にして冷蔵庫へ。3日程度は鮮度が保てるそうです。
ちなみにカリフラワーはラップか濡れ新聞紙で同じく冷蔵庫へ。4~5日は持つそうですよ。

どちらも年中あるけれど、本当の旬は冬から春先。
新潟の露地ものならこれからです!!

黄色く変色してるものは避け、ずっしりと重いもの、水気があってしまってるものを選ぶのがいいそうですよ♪

ちなみに、私、あの花の部分より、茎のところが好き♪美味しいんですもん(^.^)

○玄関先で育ててる私のトマト"^_^"。
小学生の観察日記みたいでしょ。
お水あげるの、ガマン、ガマン・・・!!
Tomato0610

« あぁ~(/_;)、のせられて・・・ | トップページ | 早慶戦がやってきた! »

コメント

>>anonままさん
こんばんわ~♪どーしよ~(+_+)課題がタップリと残ってるよ~(>_<)
サッスガanonまま!野菜も対面で買えるトコロを見つけたのね~♪おばちゃんたちと顔馴染みになるとまた会話も弾んでくるし、お野菜情報なんかもおしえてくれるから楽しいですよね♪
えっ~!?あの河川敷公園?どこかしら~。まだまだ知らないところがいっぱいの新津です。今年も桜の時期にとってもいい場所を見つけたんですよ♪今度お教えいたしましょう(^.^)v

( ..)φメモメモ えっと、勉強になりました♪ すっかり勉強さぼりがち&課題があと半分もっ(><)以外と進まないよぉ~(泣)いなねえはどうですか??ブロッコリーは茹でて水気を切り、ジップロックで保存して、サラダやanonのオヤツにしてます(^^)/ 週末は野菜持ち寄り市場へ行ったのよぉ~!!これまた、新鮮&安くて沢山買い込み、マリネ、あさ漬けにして長持ちするようにしてます!あとanonブログの公園は多分新津だったと...あれ??五泉かな?!

>>お玉さん
旦那様のトラウマ(笑)どうしよう、気持ちがわからないでもないですぅ~。実際、実家からのいただき物も、洗ってたり茹でてたりすると・・・ハハハ(>_>うりくん
きゃあきゃあ、すっごいNICE!な案です!
郷なんて某新津のウオ○クで佐渡沖「わらさ」二人前で¥380だよ~。一人分、5切れ程度で!!安いのか、高いのかわかんないけどさ!

作りすぎたら魚とブツブツ好感をぜひ!

おおっ勉強になります!( ..)φメモメモ
主人も花野菜苦手でね~・・。
小さい頃、食べてたら虫が出てきたんだって。
それから食べたくなくなったっていってます。
でも栄養があるから何とかして食べさせてはいるんですけどね(;´▽`A``

「虫が~・・」「いねーよそんなもん!!それは料理してる私に対する完璧な嫌味にしか聞こえんぞ???」

こういうやり取りが常ですよ。。。

>>茨狼さん
トマトはお水あげすぎちゃうと、ピッって割れちゃうんですって。もともと乾燥した大地が原産地。乾き気味に育てる方が甘い実になるんだそうです。青々とした木には充分水が行き渡って水っぽいトマトになるそうです。多少黄色く枯れ気味の葉っぱの方が木の栄養がトマトに集まって甘くなるんですって♪だからちょっとサドになって苛めています。でも本当に枯れるとマズイので今日あたりお水あげよう・・・・。

なんでトマトは水あげちゃいけないの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/10472566

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月の畑日記②ブロッコリー:

« あぁ~(/_;)、のせられて・・・ | トップページ | 早慶戦がやってきた! »

TUBUYAKI

最近のトラックバック