« 第32節 アルビvsFC東京 あ゛ーーーっ | トップページ | 久々のお天気♪ »

2005/11/24

「竃家治四郎」

昨日ビックスワンに行く前にLaunchしました。
場所は新潟の「みなとぴあ」に程近い『竃家治四郎(かまどや じしろう』。ここは「石山味噌醤油㈱」が食事処としてオープンした「おにぎり」屋さんです。
もちろん「コシヒカリ100%」で名前の通り「竃炊き」です。

kamadoya_irori

お店は工場のすぐ隣ということもあり、車から降りた途端に、大豆を炊いた匂いがしています♪モダンな造りの店内は古民家風の建物で、コジンマリとして落ち着いた雰囲気です。囲炉裏を囲んだ席は10人位座れそう。あとは4人用のテーブル席と、カウンター。とっても懐かしい風情でしょ。楽しいおばちゃんの話が聞きたいなら、カウンターがオススメです。

お食事はセットメニューが3種類。どれもお味噌汁と小鉢付き。
①生味噌おにぎり&しそみそおにぎりセット
②白米おにぎり2ケセット
③白米おにぎりと焼きみそおにぎりセット

私は香ばしさに誘われ「焼きおにぎり」セットを注文!味噌と青シソがもう絶妙!昔まだ子供だった頃、おばあちゃんが作ってくれた味がする。。。もっと歪(イビツ)で大きかったけど・・・^_^;

季節限定メニューで「イクラ丼」「イクラ親子丼」がありました。是非次回はこれを食べよう!ここはデザートとして「味噌ソフト」があるんですよ。食べたかったけど季節限定「おしるこ」に負けてしまった。。。。

ここの魅力は美味しいおにぎりはもちろんなんだけど、ここの「おばちゃん達」が最高に楽しい
客商売をしてるというより、近所のおばちゃん達が「まかない」の手伝いをしてる感じに近い。
おしゃべりしながら、楽しそうに娘たちに教えてくれる、そんな感じ・・・・。

オススメを聞くと、「これ、これ!初めてならこれにしなせ。。。」と言いながら、美味しいごはんができるまでを楽しそうに語ってくれる。

「黒酢農法」と言って田植えを終えた田んぼに、薄めた「黒酢」を撒くのだそうだ。栄養と、殺菌のために。
それを3回繰り返し、農薬を使わず肥料も使わず美味しいコシヒカリが出来上がる。美味しい影には手間ヒマかかるわけだ。

収穫した米は。毎朝その日の分だけを精米し、一升ずつ炊きあげる。
お店の真中に竈があり、運良くちょうど炊きはじめるところ。
釜にお湯と少量のお酒!(そう言えば、古くなったお米には日本酒を入れるといいって聞いたことがあったなぁ。。。。)
そこに洗った一升の米を一気に流し込み、攪拌する。フロア一面にアルコールの飛ぶ香りが広がる。木蓋をして一気に10分で炊き上げ、25分蒸らす。
まるで、ショーを見てるみたい。
「炊き上がったよ。中を見るかい?」って声を掛けてくれた。
もうその湯気の向こうに見えたのは、スゴイよ!ツヤツヤツヤ!小さな真珠みたい。プチプチとお米が弾いてる音が聞こえてくる。
こんな白米、見たこと無い!
自慢じゃないけど、私はお米つくりの家に生まれた。今でこそガス釜だけど、小さい頃は竈で炊いていた記憶がある。それでも、このツヤは敵わない。。。。
おにぎりなんてもったいないくらい。そのまま頂きたい。。。。

ここが美味しい理由は、お米もそうだし、竈炊きもそうだけど、何より、このおばちゃん達の絶対の自信
それを聞いているだけで気持ちがよく、食べる前からココロに伝わってくる。。。。

また来なきゃ!工場フェチの私としては、味噌工場の見学も見逃せない。やっぱりまた来なきゃ!

本当に美味しかったです。ご馳走様でした。kamadoya

« 第32節 アルビvsFC東京 あ゛ーーーっ | トップページ | 久々のお天気♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/7289228

この記事へのトラックバック一覧です: 「竃家治四郎」:

« 第32節 アルビvsFC東京 あ゛ーーーっ | トップページ | 久々のお天気♪ »

TUBUYAKI

最近のトラックバック