« 夏の終わり | トップページ | 癒しの植物園 <その1> »

2005/09/03

『ホワイトバンド』って知ってる?

先日、友人と食事に出かけました。時間があったので「紀伊国屋」に行きたいという友人の希望で寄り道したところ、あいにく「月末の棚卸」でお休み・・・(+_+)。残念がる友人に「別の本屋に行ってみる?」と聞いたら、『「ホワイトバンド」って知ってる?』って質問が返ってきた。

「ホワイトバンド」と言えば、最近「ナカタ・ヒデ」が腕にしていることでマスコミに取り上げられている、あれ?詳しくは知らないけど、確か何かのボランティア活動になってるんじゃなかっただろうか?程度の知識。

友人はその「ホワイトバンド」を買いたくて「紀伊国屋」に行きたかったらしい。新潟市内での取り扱い店舗も少なく、この辺では「紀伊国屋」と「ソフマップ」の二店舗だけだとか。。。。折角だし「ソフマップ」まで足を伸ばしてみることに。歩きながら「ホワイトバンド」に関する話を友人から聞きながら・・・。結局「ソフマップ」でも入荷待ちで、その日は諦めて食事に。

そんな今日、お昼休みに近くの大手スーパーに買い物に出かけたとき、その中の本屋さんで偶然、発見!!!即、友人に連絡し必要数を無事、手に入れることができました。

さっそく身に着けると何気にすれ違う人の手首が気になります。仕事の帰り道、万代橋の上で30代らしき女性が一人、駅前で若いカップルが二人。そして亀田の体育館の受付でレシートを差し出すお兄さんの手に、「ホワイトバンド」を発見しました。

まだまだ新潟では少ないのかな・・・?

去年、新潟市内で「外山恭平くん」の「肺移植手術」の募金活動が盛んに行われました。私もわずかですが少し寄付させていただきました。一ヶ月くらい前に、無事に手術が成功し順調な回復を知らせる新聞記事を読みました。よかったですよね。何のつながりも無かった私だけど、募金したらなんだか全く知らない人のような気がしないんですから。少しは役に立てたのかと思うと嬉しいです。

この「ホワイトバンド」も同じです。今は何の感心も無くても、通りすがりでも、着けることで少しだけ気持ちがそちらに向くものなんじゃないかな。もちろんの売上金が一番大事なのだろうけど、着けてる人たちの関心がいつか大きな意味があるものになったら。。。。

友人が「ホワイトバンド」に思い入れがあるのは、会社の同僚の方の知人のご夫婦がこの『ほっとけない世界の貧しさキャンペーン』に参加しているNGO団体に居るからなのだそうです。そのご夫婦はアフリカで生活を送りながら、小学校建設の活動を続けているそうです。

この「ホワイトバンド」。¥300なのですが、HPを見ていただけたらわかるのですが、売上金が即アフリカの救援物資や資金援助に繋がる訳ではないそうです。そこが大きな意味があるところです。

物資やお金はほんの一時的なもの。何の解決策にはならない。現在の政策では世界の貧困国が加速し、増加するばかり。政策そのものを変えなければいけない。その構造そのものを変えなければいけないという活動だというのです。

いつもこのつたないblogを覗いていただいてる方も、たまたまいらっしゃった方も、どうか一度上のHPを訪れてみてくださいませ。。。。ちょっとだけ身近に感じていただけたら嬉しいです。

« 夏の終わり | トップページ | 癒しの植物園 <その1> »

コメント

めろんパンが、新潟で程度などを成功したかったの♪


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56638/5747742

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホワイトバンド』って知ってる?:

« 夏の終わり | トップページ | 癒しの植物園 <その1> »

TUBUYAKI

最近のトラックバック