トップページ | 2004年11月 »

2004/10/31

ミヤ、初ゴール!

山形へ移籍して数ヶ月。スタメンとして活躍していたけど、結果が残せない。。。。
そんな想いもあったんでしょう。。。。
やったね!初ゴーーーール!!!それも「2ゴール」だよ!去年の暑い、熱い福島を思い出します。
その後もミドルなど果敢にゴールを狙う。。。絶対ハットトリックを狙ってる感じだったけど、残念。
でも、おめでとう!
ヒーローインタビューで「新潟中越地震」のことを聞かれ、「僕にできることはサッカーしかないので、サッカーをしている姿を見せることで少しでも元気になってもらえたら」って言ってました。
私は被災者じゃないけど、いっぱい「元気」をいただきましたよーーー、ミヤ!

地震から一週間。

今日で地震から一週間。
川口町は「阪神大震災」と同じ「震度7」だったそうです。
救援物資も小千谷市では「飽和状態」らしいけど、ちいさな避難所やテント生活をしている方々にはまだまだいきわたっていないらしい。うまくそういった被災者にも物資が行き渡るといいですね。。。。
山間部のひっそりとした静かな村や町。お年寄りのおじいちゃん、おばあちゃんがほとんだ。住み慣れた家や土地を離れるのはどれだけつらいでしょうね。都会に人にはきっとわからない想いかもしれないけど、私にはなんとなくわかるような気がします。

2004/10/27

救援物資

前にも書いたかも知れないけど、「Fグループ」では非常時に備え、大きな工場で災害物資を備蓄している。
その物資を今回の「新潟県中越地震」で役立てようと先日、大阪・沼津・川崎・小山工場からからトラックが新潟支店に終結した。
ここで疑問。「なんで直接被災地へ直送しないの?」さもなくば、わざわざ市内の倉庫も無い「新潟支店」にストックさせなくても、市内の営業倉庫でも使えばいいのに。。。
そうなのだ。。。それには、理由があった。営業さんが顧客の本部に「どうぞお使いください」って「営業戦略」に使うのだ。それに「紙コップ」もわざわざ単価の高い「ロゴ入り」。被災者がFのロゴ入りコップを使ってるところがテレビに映ることを想定してのことだとか。。。。。恐るべし、企業戦略。善意も一歩裏から見ると灰色だ。
「救援物資」のなかに「サバイバルフーズ」っていうのがあった。1ケースに6缶入っていて、3缶はスープ、3缶はクラッカー。1ケースで「60人分」。お客さんに渡す前に「試食」することになり、興味津々でつくってみた。味は中華+洋風スープ。ちょっとだけカレーに似た香辛料の香りもある。まずくは無いけど、やはり非常食。地震直後の食料がすぐ必要なときなら喜ばれたろうけど、今、喜んでもらえるでしょうかね。。。。?おこられないといいけど。

VS柏戦 延期

夕方、友達から柏戦が延期になったというメールが入っていた。
予想はしていた。新潟のこの状態では当然かもしれない。
それでも選手の頑張ってる姿、見たかったなぁ。。。。。延期っていつになるんだろう。もしかして平日かな。
それより、なにより、新潟でやるんだよね!?

ビックスワンが今、炊き出しのスペースになっているらしい。そこでカレーや御飯を大量につくってヘリで被災地に輸送しているとか。。。試合が無くなって何かイベントとかしないかな?

奇跡の救出

地震から4日目の今日、会社では各工場で備蓄していた非常食、水、毛布など救援物資の手配が進んでいました。
JRも、高速道路も少しずつ復旧が進みつつあるようです。
そんな中、午前10時40分。突然大きな余震に襲われました。震源地は長岡で「震度6」。新潟市内は「震度4」でしたがビルの10階にある事務所では立っていられないほどでした。事務所の入っているビルは耐震性ビルで揺れることで地震の衝撃を緩和するようにできています。そのせいか、かなり長く揺れていました。
せっかく「復旧」へ進みかけた心までまた不安でいっぱいになりました。
夕方になって事務所に戻ってきた営業さんからあの不明の母子3人が見つかり、生きてるというニュースを聞き、フロア全体にどよめきが起こりました。知り合いでも身内でもないけど、みんなが声をあげて喜んでいました。地震発生から暗い、悲しいニュースばかりの中、久々の明るいニュース。本当によかった。
でも、自宅に帰ってからそれは早合点だということがわかりました。残念です。映像でも見ましたがあんな人より大きな岩がいっぱい。その中に車が埋まっている。それを見ただけで、2歳の男の子が生きていたことは「奇跡」としかいえないです。でもその岩が大きかったからこそ大きな隙間ができたんでしょう。まだお姉ちゃんは助けられていません。どうか、もうひとつ奇跡をおこしてください。

2004/10/25

新潟県中越地震

地震発生から丸2日経過。
被災状況が日増しに明らかになり、同じ新潟人としてとても心が痛みます。
また避難勧告をうけている地域には友人もいて余計に心配。
そんな中、会社では本部長や執行役などが続々と終結し、支援物資や新聞へのお見舞い広告等の話を進めている。わざわざ磐越経由でだ。なにもがん首並べてこなくてもいいようなものを。支援物資はともかく、お見舞い広告にかける費用『約40万円』そんなお金を広告に遣うのなら水でもおにぎりでもそっちにまわせばいいのに。。。。それこそ「死に金」だ。

思いがけず、この地震で短大時代の友人達からお見舞いメールをたくさん頂いた。最近は音信普通だった友人からも励ましのメールをもらった。ありがたいし、何より嬉しかった。今の世の中、安全な場所なんて何処にも無いのかもしれないね。
私も大事な友達が被災地にいる。実家の越路にこれから向かうというメールの後、連絡が途絶えている。
状況を考えてメールするのも、もう少ししてからと思っていたけど、だんだん心配になりちょっとメールしてみた。
どうか無事でありますように。。。。
何も出来ない自分が歯がゆいです。

2004/10/21

昨日みた夢・・・花園?

ラグビーをしていた。男女混合で。
ルールもわからないのにボールをパスされ、どこになげていいのか。。。。
「こっちこっち!」ってボールを要求してきたのはなぜか「MEGUMI」。
わけもわからずパスを出すけど、大男がカットしちゃう。

今度夢占いの本でも買ってこようっと。

2004/10/18

『俺たちは強いんだ』

鹿島に勝った、勝った、勝ってしまいました~。
興奮に包まれたスタンドでオーロラビジョンに映っていたゲーフラ『俺たちは強いんだ』の文字が印象的でした。
後半35分を過ぎ、正直、私の中では「分け狙い」モード入ってましたもん。。。。
いくら1STで分けたとはいえ、鈴木、本山、曽ケ端、日本代表がゾロゾロ、ゴロゴロですよッ!!!
おまけにスタメンだって完璧じゃない。(・・・といっても新潟に「完璧」はナイッスけどね・・・)

新潟はこれから3バックと4バックを相手によってシステム変化していくんですかね。。。
楽しみです。
で、このチャンスでアピールできた喜多や健太郎、直樹もこれから登場してくるんでしょうか。
楽しみです。

2004/10/11

ラグビー観戦

ビックスワンでトップリーグのラグビーの試合があった。
クボタvsIBM
迷ったけど、天気も回復したし、行ってみた。
以外に多くの人が入っていた。5000人くらいいたかもね。
でも私の性格にあわないかも。
ボールが真っ直ぐ飛ばないのからしてイライラしてくる。
ルールがさっぱりわからない。でもゴールとトライとペナルティゴールの違いだけわかった。
知ってる夫婦を見かけた。楽しそうだった。
私はなんだかつまらなくて悲しくて途中で帰ってきた。
もう一人でなんか来ない。

新潟マラソン

 人にはそれぞれに「1年の節目」があると思う。元旦だったり、誕生日だったり。そしてそれもひとつじゃなく複数あったりすることもあるでしょう。私にとって、そのひとつがこの『新潟マラソン』だったりする。別に記録や順位を狙ってたりするわけではないけど、自分の中では欠かせない年中行事のひとつになってる。
 昨日無事に「10km」完走でした。ちょうど体調不良に重なり、棄権しようかとも思ったけど、みんなの楽しそうな顔をみたりせっかく1年走ってきたこととか、1時間頑張ればいいなんて考えてたら、そんなことも忘れてきちゃいました。
 「スタート」から「折り返し地点」まではなかなか順調なんだけど、毎年のことながら「勘弁して欲しい」のはそこが「5km地点」じゃないってこと!!!ちょっと!走ってる身になってくれよ~!あのゆるい上り坂をがんばっての折り返し。やっとの思いなんだから、そこをようやく、よーやく過ぎてしばらくたってから「5km」地点があるって、どーなん!?それを見てから「3km地点」までの遠いこと。。。。。そのあたりにくるともう速度激減。おばちゃん、おじさんにどんどん追い越され、自分の足が鉛をつけたようになる。普段走っている亀田体育館を思い、外周2周すればゴール。。。。。それにしても世の中の「おばちゃんランナー」って侮れない!その小太りの体のどこにそのパワーがあるのか!?
 まだまだスタミナ不足は否めないが、1時間を切ることが出来たし、気持ちよかったし!
走り終わってからみんなでワイワイと反省会をするのが一番楽しい!1度解散してからだとさすがに疲れて。。。。
来年はそのまま温泉、乾杯と流れるのがいいなぁ。

トップページ | 2004年11月 »

TUBUYAKI

最近のトラックバック